大阪府枚方市ドールハウス作家【フロッシュFROSCH】河原かゆりさんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!ハンドメイド雑貨&カフェ、場所は?

記事はここから

大阪府枚方市ドールハウス作家FROSCH河原かゆりさんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

大阪府枚方市にあるドールハウス作家「FROSCH」河原かゆりさんが、2018年11月17日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

2018年11月17日(土) 午前11時~

小さな模型の中に夢の世界を広げるドールハウス作家
「FROSCH」河原かゆりさん
大阪・枚方市にある雑貨とカフェのお店「FROSCH」。
ハンドメイドを中心に様々な雑貨が並んでいるんですが・・・中でも目を惹くのが「ドールハウス」。外観から内装、室内の小物にいたるまで緻密で細かく再現され、見る人をミニチュアの世界に引き込んでいます。

作っているのは店主でドールハウス作家の河原かゆりさん。
彼女が作るドールハウスの特徴は、そのリアリティです。例えばソファを作るなら布、本棚を作るには木を使うなど、実際の素材に近いものを使ってミニチュアを作っているため、リアル感と温かみを感じる作品になっています。

ドールハウス作りを始めたのは29歳という河原さん。雑誌などを参考に独学で作り始め、2年後には専門誌に掲載されるほどの腕前になりました。今では「ドールハウス教室」も開くなど、その魅力を知ってもらうための活動も始めています。

オーダーを受けてのドールハウスも作っている河原さん。今回、築120年という古民家をドールハウスにして欲しいという依頼に応えることに。
これほど大きなサイズの和風建築を作るのは初めて。古民家ならではの細かな細工や調度品、風情の再現に挑みます。いったいどんな作品に仕上がるのでしょうか?

次回は、小さなミニチュアに夢の世界を広げる、ドールハウス作家の夢のカタチ。

夢のカタチ

スポンサーリンク

ドールハウス作家 河原かゆりさんとは?

近年テレビでも取り上げられる機会が増えたドールハウス(ミニチュアハウス)。
河原かゆり氏は制作歴20年のドールハウス作家です。

これまで何度もドールハウス雑誌で紹介された彼女、2016年秋にはMBSのテレビ番組「Catch!」でも紹介されました。
今、関西で注目されているドールハウス作家の一人と言えるでしょう。

ハンドメイド雑貨&カフェ「フロッシュFROSCH」とは?

FROSCHは、大阪府枚方市にあるハンドメイド雑貨&カフェのお店です。
定期的にワークショップも開催しています。
店名の「FROSCH」はドイツ語で「カエル」という意味です。 私のあだ名が「カエル」だったことから、馴染みのあったドイツ語で「FROSCH」とつけました。
なぜあだ名が「カエル」だったのかはご来店頂いたときの話のネタにおいておきますね。

雑貨コーナーは、布小物やタイル、羊毛アート、ドールハウスなど、人気ハンドメイド作家さんの作品を多数取り揃えています。
ここにしかない一点モノもたくさんありますよ。
ハンドメイド以外の雑貨は、海外から直接仕入れているものが多いです。
ヨーロッパやアジアなど、地域にこだわることなく、かわいいもの、ワクワクするものを集めています。

気になる雑貨があれば、是非一度ご来店ください。

スポンサーリンク

ハンドメイド雑貨&カフェ「フロッシュFROSCH」店舗情報

  • 住所:大阪府枚方市香里ケ丘11-1-13 地図
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:水・日曜
  • TEL:070-5509-3932
  • 駐車場有り
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で