平家かぶ 語り部 岡辻増雄さん(香美町)


種とり人から種とり人へ72 伝説の平家かぶを一目見たくて 平家かぶ 語り部 岡辻増雄さん(香美町)

heikekabu-okatsuji

兵庫県の西端、日本海に面した断崖絶壁の地に
古くから食べられていた蕪 平家かぶがあります。
今から800年前、壇ノ浦で敗れた平家の落人が、
この地にたどりつき、自生していたカブを食べ、
飢えをしのいだと言い伝えられており
その伝説から平家かぶとなまえがついたといいます。

今回はこの地域の歴史に詳しい岡辻増雄さんにお話を伺います。

地域の人が歴史を信じ、守り続けてきたへいけ蕪
今後も後世に語り継ぎ、蕪も守りつづけてほしいと思います。

2015.4.5 撮影映像はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で