会社のトイレ、トイレットペーパーから読み解く会社の危険。

記事はここから

 

こんにちはロング(@rongkk1)です。

 

会社のトイレを見れば、会社が分かるといいますが本当です。
汚いのは論外です。危険察知のポイントはトイレットペーパーなんです。

え?トイレットペーパー?綺麗、
汚いじゃないの?

はい、違います。トイレットペーパーなんです。

toiretopeper

会社のトイレでこんなトイレットペーパーみたら気をつけろ!

①トイレットペーパーがない
最低野郎です。一緒に仕事はしないほうがいいでしょう。

②トイレットペーパーが棚にあるのに交換されてない
仕事を他人に押し付けるタイプです。

③トイレットペーパーは交換されているが、芯を棚に置き捨ててない。
交換するところから、一見いいんじゃないの?と思いがちですが、ツメの甘さが仕事にもでて周りが迷惑しています。

④トイレットペーパーを一本まるまる使い故意に詰まらせる。
もはや病気です。使用者を特定して休ませましょう。

 

トイレットペーパーでなにが解るのか、バレるのか。

どれだけ周りに気配りができる人間かわかります。話すことと実際が正反対というのが一番バレる症例です。

フリーランスならいいんですが、組織で働くなら気配りは重要。
それができないのがトイレットペーパーでバレてるんです。

会社のトイレが綺麗か汚いか気配りされているかで、
会社の見えないところが読みとれます。どんな人が働いていて、
どんな働き方をしているのかも。

 

 

 

どうでしょう。会社のトイレットペーパー見てください。
ものは試しです。あ!っとなります。

何てこと書きながら、じつは、
そんなとこ見てた自分にびっくりしてるのですがね。

 

トイレの法則 「トイレ掃除」でわかった! 伸びる会社・伸びる人


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で