【人生の楽園】に場所は群馬県上野村【草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)】草木染め作家 三浦由紀さんが登場!草木染め体験・桜染め体験が人気!


群馬県上野村【草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)】草木染め作家 三浦由紀さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

長野県飯島町で蔵カフェ「飯島茶寮を営む鈴木直人さんとむつ子さん夫妻が、2019年月日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2020年10月24日(神無月の四)テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「群馬・上野村~ 自然の贈りもの 草木染め ~」で三浦由紀さん(57歳)が紹介されます。

今回紹介されるのは、山の豊かな自然が素敵な群馬県上野村に移住、村の植物を使った草木染め工房を開いた三浦由紀さんが紹介されます。

三浦由紀さんは、大学卒業後、建築関係の仕事に就職。しかし、本当にやりたい事は何かと模索する日々を送っていた39歳に「緑のふるさと協力隊」の募集記事を見つけ、応募。赴任先は上野村。村での一年間に飲食店や山での作業を手伝いなどで村民との交流を深め、翌年任期を終えたが、今年もまた上野村で山の芽吹きが見たいとの思いから村に移住する。

そこから、みそ作り、木工クラフトなど、様々な自然体験ができる村の施設「森の体験館」にて観光客の手作り体験を指導するスタッフとして働き始め、そしてそんな生活の中出会ったのが草木染め。

観光客に教えるために専門知識を学んでいた三浦由紀さんは、趣味としても草木染めに熱中していくようになります。そして村のイベントでの作品の販売が転機となり「自分の作品をみんなキレイだと言ってくれる。草木染めでやっていきたい!」と確信して、2010年、工房「紬樹(ゆき)の雫」をひらき草木染め作家としての活動を始めます。

栗のイガや桜の樹皮など、四季折々の村の植物を使い染める草木染めは、思いもよらない植物から生み出される美しい色合いを時にみせてくれる。そんな、草木染めの奥深さに毎回ワクワクする三浦由紀さん。その日その日の天気や気温で発色が変わる様子は二度と繰り返されることのない「一期一会」一点物の作品づくり。

今回の映像では、草木染めで村の魅力を伝えようと奮闘する由紀さんと、応援する地元の方々との交流の様子が紹介される。必見!

草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)三浦由紀さん

三浦由紀さんは、群馬県の秘境上野村で一点物の草木染をする工房を運営。畑や藍やコブサグサを育て、春ヨモギやフキを摘み、秋栗、栃やクルミを拾い、山の方からブナ、しおじ、桜んどをいただき草木染めをおこない作品作りをおこなっている。

「草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)」の場所

「草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)」店舗情報

  • 場所:〒370-1616 群馬県多野郡上野村乙父 1016-4 地図
  • お問い合せ:下記公式サイトから
  • 草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)公式ホームページ:http://www.yukinoshizuku.com/
  • 草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)公式フェイスブック:https://www.facebook.com/yukinoshizuku17/
  • 草木染め工房 紬樹の雫(ゆきのしずく)公式インスタグラム:https://www.instagram.com/hukuhuku.kyaa/

様々な自然体験ができる村の施設「森の体験館」

「上野村 森の体験館」は、西上州、群馬県上野村で「地域振興」を目的として、自然・山村・農林業体験活動などの企画実施および情報発信を行なう村営施設

群馬県上野村 森の体験館 営業情報

  • 住所:〒370-1617 群馬県多野郡上野村大字楢原310-1
  • 受付時間:9:00~17:00(木曜日休館)
  • TEL:0274-20-7072
  • FAX:0274-59-2520
  • 群馬県上野村 森の体験館 公式サイト:http://www.uenomura.jp/tourism/play/morinotaikenkan/

上野村ふれあい館

「川の駅上野」のふれあい館では、由紀さんのストールを販売。※数に限りあり。

「川の駅上野」のふれあい館 営業情報

  • 住所:〒370-1617 群馬県多野郡上野村楢原316−1 地図
  • 営業時間:午前8時30分~午後5時30分
  • 定休日:火曜
  • 電話:0274-59-3223

川の駅上野」のふれあい館 場所

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子

  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で