京都発!カリッ!ふわふわ!ドカン!?ボンルージュ神戸の焼き立てメロンパンを食べてみたよ!

記事はここから

ボンルージュ神戸、恐るべしメロンパンじゃ!

こんにちはロング(@rongkk1)です。

先日モールで香りに負けて購入してしまった。バン、トラックで販売している神戸ボンルージュのメロンパン。

販売する車はよく見かけていたんですが、なかなか買わなかった。特段理由があるわけではないがなんとなく。

しかし、買わずともパンを焼く香りには、いつもノックアウトでした。

image

3時過ぎという時間帯もあり、おやつ代わりに買うか!と買ってみたわけ。

一個150円。

車に積んだオーブで焼くだけあって焼き立て!

兄さんがテキパキ作業してはります。

車前に張られたテントには3種ほどのメロンパンが販売されています。

ノーマル、イチゴ、ラスクみたいなの、あと一個は何味だったのかわからなかった。

ノーマルのメロンパン以外は200円、250円とかだった。とりあえず、ノーマルタイプから食べていく事にした。

image image

店員さんがテキパキと袋に入れてくれた。手渡された瞬間、焼き立て〜を体感!袋の入り口から猛烈な熱気と甘い香りが、おっさんを襲う!

なんだ〜、店前より香りがいいぞ!!

image

ひとまず車に乗り込むと更に香りが暴走!

家族も待ちきれなくて、ガッツリ!

あちちつ!ホカホカ!ふわふわ!柔らか〜い!

image image

メロンパンは表面は超からカリカリサクサク!うま〜い!焼き立て初体感!

こりゃ、今までスルーしててごめんね〜な感じだわ!

表面カリカリと中身のふわふわ感が、今までの袋入メロンパン、店頭販売の冷めたメロンパンの次元とは、また違う世界観だよ!

うまいわ〜

次回は別の種類か、他店も試してみたいなぁ

 

私たちボンジュール神戸がお届けする「メロンパン」は、生鮮食品であるという考え方をしています。焼いたその日のものが店頭に並ばない市販のパンと比べ、販売する現地で二次発酵、そのまますぐに焼いて、皆さまへご提供しています。これぞ究極の産地直送。大量生産のパンは、安定した発酵を促し、発酵時間を短縮するため、化学的に合成されたイーストフードを使用していることが多いようです。 ボンジュール神戸のこだわりメロンパンは、その化学的な合成物に頼らず、本来のイースト菌の力で、じっくりと発酵をさせていきます。もちろん、時間はかかります。でも、それは本来の旨みを引き出すには必要不可欠のこと。譲るわけにはいきません。

有限会社ボンジュール神戸 〒615-8261  京都市西京区山田庄田町3番地

http://bonjour-kobe.com/index.html

 

なんと京都の会社だったのね~~~!びっくりポン!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で