大阪府枚方市【家族の記念写真・モノクロで記念写真を撮り続ける写真家「いとう写真館」】伊東俊介(いとうしゅんすけ)さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?


大阪府枚方市【家族の記念写真・モノクロで記念写真を撮り続ける写真家「いとう写真館」】伊東俊介(いとうしゅんすけ)さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

大阪府枚方市にある「いとう写真館」伊東俊介(いとうしゅんすけ)さんが、2021年7月10日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

家族の記念写真を撮り続ける写真家を追います。デジタルではなく、フィルムカメラ、しかもモノクロです。アナログにこだわる訳とは?それをじっくりと解き明かします。 出張写真館という珍しいスタイルで、全国各地、様々な場所で撮影会を開くのは、写真家の伊東俊介さん。愛用するのは、デジタルではなく、フィルムカメラです。しかもモノクロ。今の時代にフィルムの文化を残そうと走り続ける伊東さんに密着!

年間100日以上も全国を飛び回る伊東さんですが、撮影するのは家族の記念写真。2005年にスタートして以来、1万5000組以上をフィルムに収めてきました。アシスタントは妻のかおりさんと、少数のスタッフたち。撮影会は、どの場所も予約で一杯になるほどの人気です。さて、その訳は、いったいどこにあるのでしょうか?そしてモノクロフィルムにこだわる理由とは?そこには、ノスタルジーではなく、写真の仕上がりに意外な理由がありました。

寝屋川出身の伊東さんは、京都の大学を卒業後、23歳で写真スタジオのアシスタントになります。同じくアシスタントだったかおりさんと27歳の時に出会い、2年後に結婚。現在は中学3年生の長男、優作くんと3人で暮らしています。勿論、自らも毎年、自分たち家族の記念写真を撮り続けています。さて、どんな変遷になったのでしょうか?撮影した写真は、モノクロ写真専門の現像所に持ち込みます。この道50年以上という勢井さんは、世界でも数少ない、手作業で写真を仕上げる職人。

私たちがよく映画などで観るシーンでは、暗闇の中、フィルムを現像液に浸すと像が浮かび、すぐに紙の写真になって出てきますが、実際の工程はもう少し複雑です。その辺りも、番組でしっかりと紹介されます!必見!

「いとう写真館」写真家 伊東俊介

写真家 伊東俊介さんは、1971年生まれ、大阪寝屋川出身。

「いとう写真館」は、伊東俊介さんによる常設の店舗を設けない出張写真館。日本各地のギャラリー・カフェ・雑貨店などの様々な場所で、撮影会を開催している。「いとう写真館」では、家族写真を撮るという行為の大切さを伝えているとこに取り組んでいる。

いとう写真 事務所

  • 住所:〒573-0013 大阪府枚方市星丘2-11-18 星ヶ丘学園内
  • TEL:072-808-8719
  • 公式サイト

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。
  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で