【人生の楽園】長野県富士見町【移住暮らし農業】戸﨑明さん尚子さんが登場!

長野県富士見町【移住暮らし農業】戸﨑明さん尚子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

長野県富士見町に移住農業暮らしを楽しむ戸﨑明さん尚子さん夫妻が、2019年7月13日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2019年7月13日文月の弐
長野・富士見町
~ 実り楽しむ 農業暮らし ~

次回は長野県富士見町が舞台。東京消防庁を退職後、2年前に富士見町に移住して農業を始めた戸﨑明さん(64歳)と妻の尚子さん(55歳)が主人公です。
東京都出身の明さんは東京消防庁に勤め、火災の消火活動や山岳救助など命と向き合う現場で懸命に働いてきました。50代で離婚を経験したのち、職場の同僚だった尚子さんと交際がスタート。そして明さん61歳、尚子さん52歳の時に再婚しました。
田舎で農業をやりたいと考えていたお二人は、明さんの定年退職を機に本格的に移住先を探し始めました。2013年に田舎暮らしのツアーに参加した際、南アルプスや八ヶ岳を一望できる富士見町の山里に一目ぼれし雑木林を購入。東京から富士見町に通い、2年半かけて伐採しました。そして、2017年5月に念願の我が家が完成。絶景を望む山里でお二人の第二の人生がスタートしました。
移住して本格的に始めた農業。ご近所の農家に手ほどきを受け、玉ねぎやニンニク、キュウリやトマトなどの野菜を栽培し、地元の道の駅で販売しています。移住2年目にはご近所の農家に勧められ、休耕地で米作りをスタート。さらに蕎麦の栽培まで手掛けるように。
そんな明さんは、去年から富士見町の消防団にも参加しています。消防士として培った技術や知識を団員に教えてほしいと頼まれたからです。「地元のために少しでも役立ちたい」と明さんは言います。
戸﨑さんご夫婦の趣味は山登り。消防士時代、山岳救助に関わる中で山の奥深さを実感したそうです。この日、お二人が目指したのは標高1955メートルの入笠山。山頂では八ヶ岳、南アルプス、富士山の大パノラマの絶景を楽しみました。
東京から南アルプスの麓に移住し、農業を始めた戸﨑さんご夫婦の高原暮らしと、応援してくれるご近所さんや友人たちの交流を紹介します。

人生の楽園

長野県富士見町

富士見町は、長野県中部にある諏訪郡の町。 ウィキペディア

道の駅 信州蔦木宿(つたきじゅく)

蔦木宿は、甲州街道43番目の宿場町として、江戸時代に栄えたところです。
街道開通から390年を経て、ここ信州の玄関口に、道の駅「信州蔦木宿」として往時の賑わいが甦りました。宿場風の落ち着いた建物と天然温泉”つたの湯”は、旅人の心と体の癒しの場として好評をいただいております。
また、そばなどの食事処、お土産、地元物産の直売所など多彩な施設が揃う道の駅となっております。

  • 所在地: 〒399-0214 長野県諏訪郡富士見町落合1984番地1地図
  • 時間:8時00分~22時00分
  • 電話: 0266-61-8223
  • ホームページ

関連リンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で