【人生の楽園】場所は栃木県市貝町【移住暮らし・農園わたね】農家 倉本祐樹さんの芙美さんが登場!お取り寄せ・オンラインネットショップ・通販売は?


栃木県市貝町【移住暮らし】農家 倉本祐樹さんの芙美さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

2022年1月22日睦月の参 テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「栃木県・市貝町~笑って食べて眠る 里山ライフ~」で が紹介されます。

栃木県・市貝町~笑って食べて眠る 里山ライフ~

次回の舞台は田畑が広がるのどかな里山、栃木県市貝町。5年前、この町に移住し、農家になった倉本祐樹さん(38歳)と妻の芙美さん(36歳)が主人公です。
岡山県出身の祐樹さん。アパレルの仕事に就いたものの、それまであまり自分の生き方について深く考えたことはなく、目標を見失っていました。そこで何か新しいことに挑戦しようと、23歳で退職し海外ボランティアを経験します。帰国後は市貝町にあった若者の自立支援施設で働くことに。しかしその施設が閉鎖となり、宇都宮市へ移住して心機一転、カフェを開業します。そんな祐樹さんの姿を店員として側で見ていたのが、のちに妻となる芙美さんでした。2人は11年前に結婚し長男・奏くんが誕生するも、カフェは農家から届く新鮮野菜を使った料理が人気となり大忙し。そんな中で、「自分でも野菜を育ててみたい、農業を学びたい」という新たな目標が生まれた祐樹さん。家族で過ごす時間がなかなか取れなかったこともあり、思い切ってカフェを閉店します。その後、祐樹さんは市貝町の農家に通って野菜作りを学び、料理も一から勉強したいと和食店で修行しました。その後、娘の凛ちゃん・和湖ちゃんが誕生。2018年、一家5人で市貝町に移住して農家としての生活をスタートさせます。そして、自家製野菜の美味しさを伝えようと、野菜の宅配と予約制のお弁当販売を始めました。2人が目指す暮らし、「よく笑い」「よく食べ」「よく眠る」から一文字ずつとり、屋号は『わたね』としました。
ご夫婦が育てる野菜は、なんと年間100品目以上!野菜の美味しさを知って欲しいと、レシピを考案しお客さんに提案したりと工夫を凝らして販売しています。種類や彩りのバランスを考えて収穫し、届いてすぐに使えるよう丁寧に下処理。細部までこだわるのが倉本さん流、配達は会員制にして「定期便」でお届けしています。
また、お弁当は開けた時に季節感や里山の雰囲気がわかるようにと、野菜の花や雑木の葉などをあしらい、美しく盛り付け。10日前までの予約制で受け付けています。
ご夫婦が目指すのは「忙しすぎない暮らし」。カフェ経営時代にはできなかった、家族団らんの時間も今ではゆっくり取ることができるようになりました。3人の子供たちは自宅の裏山を駆け巡り、自然とともに生きています。
次回はそんな倉本さんご夫婦が目指すスローライフ、一家のにぎやかな毎日をご紹介します。

農園「わたね」

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子
  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/