栃木県佐野市長谷場町【郷土料理 耳うどん「野上カフェ 母ん母親父(ぼんぼやーじ)Bon voyage」】落合由美子さん眞さんが【人生の楽園】に登場!お取り寄せ・通販売・オンラインネットショップ・場所は?


2022年11月5日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「~夫婦で守る 伝統の耳うどん~野上カフェ 母ん母親父(ぼんぼやーじ)Bon voyage」で が落合由美子さん眞さん夫妻が紹介されます。

舞台は栃木県佐野市。郷土料理“耳うどん”を提供するお店を開いた、落合由美子さん(63歳)と眞さん(65歳)が主人公です。
佐野市の中心部で生まれ育った由美子さんは、東京の大学に進学。卒業後は地元に戻り、役場に就職しました。同僚だった眞さんと26歳で結婚し、眞さんの故郷・野上地区で暮らし始めると、子どもたちの学校行事などを通して、次第に地域への愛着が生まれていきました。そんな野上地区も次第に過疎化が進み、子どもたちが通っていた小学校は2013年に閉校。寂しくなっていく地域を目の当たりにしながら、定年退職後は地元を盛り上げることがしたいと考えた由美子さん。郷土料理“耳うどん”を出すカフェのオープンを目指すことに。“耳うどん”とは、佐野市や宇都宮市に伝わる郷土料理。短冊状になった小麦粉の生地を丸めて作り、その形が耳に似ていることが由来とされています。これを正月に食べると悪いことを1年間、聞かなくていいと伝えられ、食感はすいとんのようにモッチリとしています。
最初はカフェの開業にあまり乗り気でなかった眞さんも、由美子さんの思いを受け止め、協力を約束してくれました。そして自宅の一部を改装、「良い旅を」というフランス語の「ボンボヤージュ」をもじり、母ちゃんと親父がもてなす『野上カフェ 母ん母親父(ぼんぼやーじ)』を2020年3月にオープンしました。お店の営業は週末。それ以外の日には地域活性化のために動き、忙しくも楽しい毎日を過ごす由美子さんと、そんな由美子さんの最大の理解者である眞さん。故郷を大切の思うご夫婦の暮らしと、地域の仲間たちとの交流をご紹介します。

「野上カフェ 母ん母親父(ぼんぼやーじ)」はどんな店

母ん母親父(ぼんぼやーじ)は、自然に囲まれた栃木県佐野市の北部山間地域野上地区に2020年3月にオープンした田舎の母ちゃんと父ちゃんのカフェです。郷土料理の「耳うどん」を提供しています。カフェでほっとひと息のんびりできるお店。ランチ 耳うどんあります。

「野上カフェ 母ん母親父(ぼんぼやーじ)」の場所

「野上カフェ 母ん母親父(ぼんぼやーじ)」店舗情報 ※要予約

ご来店の際は、電話でご予約してからお。

蔵和紙カフェ カクニ

和紙問屋だった実家の蔵を改装して始めたカフェ。

営業時間 午前11時~午後6時30分
電話:0283-22-0261
定休日:第1・3水曜、木曜

佐野青竹手打らーめん 俺の夢

丹精込めて作ったラーメン、特製のタレで味付けした自慢の唐揚げは逸品

営業時間 午前11時~午後2時30分
午後5時~午後9時
電話:0283-55-8593
定休日:月曜、第3日曜
夢ちゃんらーめん 930円
からあげ(単品) 550円

 

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子
  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/