岐阜県下呂市【おさかのパン ひこまさ】岡﨑昌彦さん仁子さんご夫妻が【人生の楽園】に登場!場所は?

記事はここから

岐阜県下呂市【おさかのパン ひこまさ】岡﨑昌彦さん仁子さんご夫妻が【人生の楽園】に登場!場所は?

岐阜県下呂市で「おさかのパン ひこまさを営む岡﨑昌彦さん仁子さん夫妻が、2018年8月4日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

今回の映像では、地域に根付いたパン屋さんをめざす岡﨑家族と地域の方やお客さんとの交流が紹介されるそうですよ!

2018年8月4日葉月の壱
岐阜・下呂市
~ 70歳で始めたパン屋さん ~

舞台は岐阜県下呂市。市の北部にある小坂町で、去年パン屋さんをオープンした 岡﨑昌彦さん(70歳)と妻の仁子さん(63歳)が主人公です。
小坂町に生まれた昌彦さんは中学を卒業後、名古屋へ。定時制高校に通いながら工場で働いていました。その後、故郷に戻り、小坂町にオープンしたキャンプ場の管理人に。友人の紹介で知り合った仁子さんと結婚します。
そんな昌彦さんがパン作りに目覚めたのは40代、キャンプ場のイベントでのことでした。“木の枝にパン生地を巻いて炭火で焼く”という素朴ながらも家族でできるパン作りがきっかけとなり、パンの魅力にはまっていきました。
自宅でパンを作り始めたものの、最初は家族からの評判はあまり良くありませんでした。しかし、試行錯誤を繰り返して、誰もが“美味しい”と唸るパンを焼くようになった昌彦さん。70歳を目前に、“自分で作った小麦でパンを焼きたい”という新たな夢が湧いてきました。
畑を借りて小麦の種を蒔き、自宅のガレージを自力で改装しました。そして、50代から勤めていた道の駅を69歳で退職。70歳の誕生日を迎えた2017年の秋、「おさかのパン ひこまさ」をオープンしました。
店には、ハードな生地の「カレーパン」や、シナモンとアーモンドなどを合わせた「シナモンナッツ」といった15種類、70個ほどのパンが毎日並びます。なるべく自分の畑で育てた野菜やフルーツを使ってパンを焼いています。
今年の小麦刈りは孫の未晴ちゃんも手伝ってくれました。
今はまだ収穫が少ないため自家製の小麦を使用していませんが、“自分で育てた小麦でパンを焼く”という夢に向かって、昌彦さんは日々チャレンジを続けています。
定休日には夫婦で渓流釣りを楽しんだり、昌彦さんの友人が営む蕎麦屋に出かけたりして英気を養っています。
朝が早く夜は遅いものの、昌彦さんは“地元に根付いたパン”を目指し、楽しんでパン作りをしています。
70歳で小さなパン屋をオープンした岡﨑昌彦さん、仁子さんご夫婦。それを支えるご家族、訪れる客や地域の方々との交流を紹介します。

「おさかのパン ひこまさ」はどんな店

天然酵母と国産小麦にこだわった手作りパンのお店



#おさかのパンひこまさ #ひこまさ #手作りパンの店

おさかのパン ひこまささん(@hikomasabakery)がシェアした投稿 –

「おさかのパン ひこまさ」の場所

口コミ

「おさかのパン ひこまさ」店舗情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で