【食彩の王国・若狭 酔っぱらいサバ】】に「ほねラボラトリー」櫻庭基成郎さんが登場!

2019年12月7日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」の回に、東京都渋谷区恵比寿にある酔っぱらいサバが食べられる「ほねラボラトリー」が登場するみたいですよ!映像では、恵比寿で創作和食を手がける「ほねラボラトリー」のシェフ櫻庭基成郎さんが、酔っぱらいサバを堪能する料理が登場します。日本酒で煮詰めた「煎り酒」を上品な旨味が味わえる背の身に使った料理や、磯の香りが引き立つ「海苔酢醤油」をあわしたさっぱりとした脂が乗った腹の身の料理が披露されます。

東京都渋谷区恵比寿「ほねラボラトリー」櫻庭基成郎さん

「ほねラボラトリー」は、「酔っぱらいサバ」の創作和食を堪能できるお店です。魚介とワインという逢わない組み合わせを、固定観念に捉われることなく食材の個性を感じながらも調和させ、絶妙なハーモニーを奏でる一品に仕上げる。レシピを書かず、季節毎の旬の食材はもちろんのこと、その日・その時のヒラメキで料理を決めていく。まさに逸品

ほねラボラトリー

  • 住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-26-12 フラット16 3F 地図
  • 営業時間:18:30~23:00(20:30 最終入店)
  • 定休日:日曜日・祝日
  • 座席数:総席数 8席
  • 電話:050-3477-6559
  • ほねラボラトリー 公式サイト

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2019年12月7日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、日本海若狭湾の恵み、味わい深い脂の旨味あふれるサバ、若狭の新ブランド「酔っぱらいサバ」が登場します。「鯖街道」の起点である若狭は京都。古くから若狭の海ではサバが湧くとたとえられるほど、獲れた時代がありました。しかし、今では一転絶滅の危機と言われるほど激減してしまいました。今回の映像では、とれなくなった若狭湾の絶品サバの復活に立ちあがり、「酔っぱらいサバ」というブランドで打ってでた男たち物語が紹介されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で