【食彩の王国・キムチ】料理研究家・神野佳奈子さん考案のアイデアレシピが登場!


2020年1月18日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国」キムチの回に、「料理研究家・神野佳奈子(Canaco)さん考案のアイデアレシピ」が登場するみたいですよ!加熱して甘みが増したキムチとフレッシュな生のキムチを同時に生かす料理、辛くない「水キムチ」を使った一品が紹介されます。簡単ですぐに実践できるメニューは必見です!

野菜ソムリエの料理研究家 神野佳奈子さん

神野佳奈子(Canaco)さんは、野菜ソムリエの料理研究家。

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2020年1月18日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国」内容は、が登場します。

川崎市で「行列のできるキムチ店」を発見!絶妙な甘みと辛み、爽やかな酸味がたまらない。美味しさの秘密を探るべく…店主が向かった先はなんと!防空壕だった!一体なぜ?

自家製のキムチで、寂れゆく商店街に活気を取り戻そうと奮起する、青果店主人と「相棒」のキムチ職人のド根性物語です。日本人の舌に合う「辛さの中に甘みを感じる」特別な味を生み出すまでの二人三脚…苦労と開発秘話を追います。新作キムチの食材を求めて、主人が向かった先とは…戦時中に川崎住民の命を救った「防空壕」でした。驚きの新作キムチの実態とは…。舌がトロけます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で