【食彩の王国・ズッキーニ】に【場所は東京都西東京市。「やすだ農園」東京で100年続く農家の存続をかけて 4代目若夫婦 安田加奈子さん弘貴さんの奮闘物語】が登場紹介!お取り寄せ・ネットオンラインショップ・通販杯は?


2021年6月26日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第887回 ズッキーニ」の回に、東京で100年続く農家の存続をかけて 4代目若夫婦の奮闘物語として、東京都西東京市にある「やすだ農園」が登場するみたいですよ!

「やすだ農園」は大正時代から100年続く農家。昔ながらの露地栽培で野菜を育てる。ズッキーニの栽培は十数年前から開始。かつては馴染みが薄く、売れ残って捨てることもあったが、4代目の若夫婦の安田加奈子 弘貴さんが工夫、食べ方を説明するなどの努力が実り、今では人気野菜となった。

畑を売って縮小しながらようやく農業を続けてきた、しかしこのままではいつか畑がなくなってしまう。危機を救うヒントとなったのは、農業未経験だった弘貴さんの素朴な発想。採れたて野菜の味をひろめる、農家の存続をかけた、若夫婦の新たな戦略に密着!

東京で100年続く農家 ズッキーニが人気 やすだ農園

住所:〒188-0004 東京都西東京市西原町2-1-31
TEL:080-3209-0831
http://yasudanouen.tokyo/
オンラインショップ:https://shop.yasudanouen.tokyo/

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年6月26日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第887回 ズッキーニ」内容は、「初夏の彩り…東京育ちの新鮮ズッキーニ!」が登場します。西東京市やすだ農園の4代目の若手農家安田加奈子さん弘貴さん夫婦が育てるズッキーニは全国から引っ張りだこ!栽培の苦労とブランド化の成功を追いました。家庭でお手軽に使える旬のズッキーニ簡単レシピも紹介!また、やすだ農園のズッキーニをつかい本場パリで腕を磨いた「Restaurantけんぞう」村田大樹シェフがいつも名脇役のズッキーニを主役にした新作メニューに挑戦、安田夫妻に披露する!必見!

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で