おススメ!400年の伝統が生み出す至高の味!加古川市にある高松味噌が憎いぐらいにうますぎる!

記事はここから

image

兵庫県加古川市で販売されている400年前から創られてきた高松味噌。由緒ある味噌として地元で愛されているお味噌です。400年前といえば江戸時代。その時代から地元で製造され続けているなんて、もう国宝級です。我が家では、実家も高松味噌を愛用していて、子どもの頃からこの味に慣れ親しんできました。味噌が変わると直ぐわかります。

ホームページには戦国時代からとあります。凄すぎます!やぱり食品部門の国宝指定ですよ!

家庭の味伝え「400年」有限会社高松清太夫老舗は、戦国時代から続く麹・味噌・甘酒の製造元です。慶弔18年(1613年)に姫路藩主・池田三右衛門守る(輝政公)から同業者の麹製造業取締役を命じられていました。

 

 

お味噌のこだわり

 

400年に渡る技術で、まろやかな口当たりと味に奥深さをだしています。

しっかりとした味噌という印象ですが、料理に少し加えると、素材の味を引き出す魔法の調味料となります。これぞ伝統と熟練の技の結晶だと思いますね。ほんとに奥深い味を演出してくれるんです。口の中がオーケストラのように色んな料理素材を調和させてくれる!

 

副産物など一切使用しない天然醸造。

副産物なし!化学調味料なんて入ってないから後味がいいし、すっきりと大豆と米、そして塩のおりなすハーモニーが心ゆくまで楽しめる!そして、伝統の技がさらに素材のよさを最大限に引き出しています。そんなお味噌屋さんが地元にあるなんて誇らしい限りです。
加古川市民よ永遠なれ!

 

素材はすべて兵庫県内の米・国産丸大豆・赤穂の塩を使用。

地元に愛されるには地元の素材を!地元で消費されるものには地元品を!地元の素材を使うから加古川の人が美味しく頂けるのは当然の結果!地元を愛する人が作るんだもの!

 

私がおすすめする、
「高松味噌使用の絶品レシピ」はこれ!

 

しっかり料理になじむ、そんな印象の高松味噌。高松味噌を使った料理で好きなのがなますです。味噌無しも大好きですが、酢がキツイ方にはこちら酢味噌がオススメです!味噌の風味が酢と相性バツグンなんですよ。私はさらに干し柿をスライスそたものをいれます。味噌、酢、干し柿の甘さが絶妙な一品になります。

丸大根とブリのアラ煮。これ絶品です。我が家の正月は、この一品がないと初まりません。丸大根は下ゆでし、大鍋一杯に昆布と一日寝かせる、お湯で滑りウロコを処理したブリのアラをドカッと入れ、弱火でコトコト煮るんです。そして、元旦の朝、高松味噌を入れ、餅を入れ、雑煮にしあげます。高松味噌とブリ出汁の相性ときたら、、、想像しただけでヨダレがててきますね。正月から三日間はコレが無いとダメです。

 

味噌だけでなく老舗糀屋としても有名。

まったく知らなかった。白みそがあることもつい最近知った。そもそもうちは糀は食べないしなぁ。一時塩糀とかはやりましたが、一度も食べたことがありませんね。一度味見しないといけません。

仕込み最盛期迎え 加古川の老舗糀屋が伝える無添加みそ

地元(加古川)で聖徳太子ゆかりの寺として知られる鶴林寺から程近い場所にある糀屋「高松清太夫(せいだゆう)老舗」の糀(こうじ)やみその仕込みがピークを迎えた。

鶴林寺の僧侶もたべてたのかな?

 

高松味噌の製造場所は、歴史ある土地なんですね。
すぐ裏には国宝の鶴林寺という寺があるんですが、
昔はこの寺の人も食べてたんじゃないのかな?

やっぱり加古川の世界遺産やわ!

鶴林寺 かくりんじ

兵庫県加古川市にある天台宗の寺。聖徳太子の開基と伝えられる。白鳳時代の仏像,平安時代末期から中世にかけての建築,彫刻,絵画の遺品を蔵している。太子堂はもと法華堂で,天永3 (1112) 年の建築当時の壁画を残す。

 

ストーリー性も抜群だね!
今後も加古川の、そして我が家の味として使い続けていきたいものです!

 

【送料無料】【味噌】★1kg詰め替え用×2ケ★創業400年老舗の味★自然食品【高松味噌】特選こだわり糀味噌 合計2kg無添加・天然醸造のみそ・ミソ

 

★期間限定販売★【オーガニック食品】減塩・無添加・天然醸造自然食品【高松味噌】こだわりの特選【白味噌】 650g老舗の味★職人の手作り[減塩味噌]オーガニック味噌汁・麹ミソ・みそ専門店

創業400年の老舗の職人手作りの味★自然食品【高松味噌】甘酒(甘糀)源液3パックSET★オーガニック食品・あま酒

価格:1,800円
(2015/12/25 22:57時点)
感想(3件)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で