24時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能!開発キット「RICOH R Development Kit」として2017年春出荷開始予定!24時間360度映像の展開が始まる!

24時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能になるのかあぁぁぁぁぁ~!

RICOH R Development Kit 2017年春出荷予定!

開発キット?ってことですが市販されるわけではないのかなぁ?

VRへの応用がかなり期待されますね。

自動運転の車には必要な技術でしょうね。

グーグルストリートビューにリンクしたりできたら面白いかも。

 

 ricoh-r-development-kit-2017-01

ricoh-r-development-kit-2017-02

~開発キット「RICOH R Development Kit」として2017年春出荷開始予定~

株式会社リコーは、24時間連続で360°の全天球ライブストリーミングが可能となるカメラ「RICOH R Development Kit」を開発し、2017年春に出荷開始を予定しております。

全天球動画のライブストリーミングは、そのコンテンツ面、動画の制作システム、配信、再生環境面(VRヘッドセット普及度を含む)において未完成な分野です。しかし、これまでリコーはさまざまなパートナーと全天球ライブ配信実験を行い、そのポテンシャルは非常に大きいと考えております。

「RICOH R Development Kit」は、リコー独自の全天球映像技術を活用し、2K解像度で30fps(フレーム/秒)の全天球ライブストリーミングを可能にします。全天球映像の標準フォーマットであるEquirectangular Projection Formatへの合成は、カメラ内でリアルタイムに行われます。映像はHDMI®またはUSBにより出力され、ACアダプターを使用し24時間の連続稼動が可能です。薄型・軽量ボディでありながらマイクロSDカードへの映像記録が可能です。

360°の全天球ライブストリーミングはエンターテインメント以外にもテレイグジスタンス技術*2やコンピュータービジョン*3の分野など幅広い活用が期待されております。そのため、リコーは本製品を用途開発向けの開発キットとして出荷する予定です。なお、本製品のプロトタイプは、2017年1月5日より米国ラスベガスで開催される、民生機器テクノロジー産業界の関係者が参加する世界最大規模のイベント「CES2017」に出展いたします(ラスベガスコンベンションセンター、サウスホール2階 ブース番号26717)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で