神戸市「神戸地域おこし隊員 五十嵐 浩輔(いがらし こうすけ)さん」が新たに任用・神戸市の里山・農村を中心とする地域で活動し、地域活性化を推進


神戸市「神戸地域おこし隊員 五十嵐 浩輔(いがらし こうすけ)さん」が新たに任用・神戸市の里山・農村を中心とする地域で活動し、地域活性化を推進

神戸市プレスリリース:https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/jigyoka/chiikiokoshitai.html

「神戸地域おこし隊員」を1名任用しました

「神戸地域おこし隊」は、大都市圏からの移住者が「隊員」となり、最長3年間、神戸市の里山・農村を中心とする地域で活動し、地域活性化を推進するものです。 このたび、「神戸地域おこし隊員」として1名を任用し、活動を開始しましたので、お知らせいたします。

1.任用の内容(神戸市会計年度任用職員としての任用)
(1)氏名
五十嵐 浩輔(いがらし こうすけ)

(2)主な活動地域
北区淡河町

(3)任用期間
令和5年1月4日~令和5年3月31日(最長3年まで延長可能)

(4)今後の活動内容(予定)
地域団体との連携による地域産業の振興、地域資源の利活用による商品開発・情報発信、交流人口の増加に向けた里づくり拠点施設の活用 等

2.参考
神戸地域おこし隊とは
総務省の制度である「地域おこし協力隊」は、都市地域から農村地域への移住者が地域活性化に係る活動を行うものです。北区・西区に里山・農村地域が広がる神戸市ですが、国制度においては対象外であるため、上記地域の活性化や地域力の維持・強化を目的に、神戸市独自の制度である「神戸版地域おこし協力隊」を令和元年度より導入しました。
令和4年度より「神戸地域おこし隊」に改称するとともに、募集・活動地域を拡大しています。
現在、6名の隊員が、北区・西区を中心とし、地域の皆さんと協力して地域おこし活動に取り組んでいます。隊員に関する詳細情報は下記の神戸市ホームページをご参照ください。