windowsコマンドプロンプト「tracert」でネットIPの接続経路を確認する。

インターネットの接続経路を確認する方法。大塚商会のオペレータのお姉さんに教えてもらった。

スタートメニュー

アクセサリー

コマンドプロンプトで下記太文字入力

C:¥User¥ユーザー名>tracert www.yahoo.co.jp

入力後リターンすると送信経路のIPがモザイクかかったところに表示されます。これでどのようなIP経路でヤフーに接続しているかがわかるんだとさ。

詳細の説明はこちらのサイトとても参考になりました。

 

今回はNTT混線経路を確認するために使用しました。混線した場所の接続地点を回避するのにルーターの再起動または電源を切り10分から20分置いてから、再度電源をいれ接続を試みてくださいとの指示がありました。しかし、なんど試みても混線地点のIPから脱出できなかったのです。

まともに動くようになったのは、混線確認してもらった翌日でしたが、結局回復しても混線していたIPに接続しつづけているままです。

なんだか化かされた感がいなめないなぁ~。復旧したのでよしとしたいところなんですがね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で