【人生の楽園】場所は神奈川県横浜市町【惣菜と弁当の店 ままぐらんど】木我あつ子さん巧さんがに登場!


神奈川県横浜市金沢区で「惣菜と弁当の店ままぐらんどを営む始めた木我あつ子さん(57歳)と夫の巧さん(62歳)が、2021年4月17日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2021年4月17日卯月の参 テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「神奈川・横浜市~元ナースの優しい惣菜店~」と題して紹介されます。

舞台は神奈川県横浜市金沢区。3年前、惣菜と弁当の店『ままぐらんど』を始めた木我あつ子さん(57歳)と夫の巧さん(62歳)。

新潟県南魚沼市出身のあつ子さんは、横浜の看護学校を卒業後、看護師の仕事に就く。26歳で歯科技工士の巧さんと結婚。2人の娘に恵まれる。転機は49歳。パーキンソン病を発症。しだいに身体が動くなる病気。やりたいことをしたいと思い立ち料理の世界へ。料理の原点は新潟で暮らす母・マサエさんが親戚が集まる実家で手料理でもてなし、母の作る料理をみんなが笑顔で食べていた風景。その風景が忘れられずいつの日か料理店を始めたいという思いはふくらみ、2018年5月「ままぐらんど」をオープン。

「ままぐらんど」では毎日12種類ほどの惣菜を作り販売。あつ子さんは煮物、焼き物を中心に作り、有紀さんは揚げ物、炒め物などを担当。こだわりは、薄味で飽きのこない味付け。1週間内に同じ惣菜を出さないため惣菜のレパートリーは80種類を超える。米は故郷・新潟県南魚沼産コシヒカリの玄米を取寄せ、店で精米、ガス窯で炊く。惣菜や弁当は店内で食べられ、日替わりでランチも提供。

映像では、病気がきっかけで、好きなことをして生きようと決意、お店を始めたあつ子さんとサポートする夫巧さんの日々の暮らしや、応援する仲間の交流が紹介されます。

「惣菜と弁当の店 ままぐらんど」はどんな店

横浜市能見台にあるままぐらんどでは、産地直送の食材を使用した美味しいお惣菜やお弁当、ランチ、スィーツを日替わりでご提供。手軽で健康的なお惣菜、お弁当やスィーツが楽しめる。

「惣菜と弁当の店 ままぐらんど」の場所

「惣菜と弁当の店 ままぐらんど」店舗情報

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子

  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で