【人生の楽園】に場所は青森県五戸町【就農移住暮らし・農家民宿&カフェ 音水小屋】佐藤岳広さん美穂子さんが登場!お取り寄せ・通販売・オンラインネットショップは?

農家民宿&カフェ 音水小屋

青森県五戸町「農家民宿&カフェ 音水小屋を営む佐藤岳広さん(42歳)と美穂子さん(41歳)ご夫婦が、2023年12月9日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園~西田敏行20周年!冬の1時間スペシャル~」に登場するそうです。

2023年12月9日師走の弐 青森県五戸町~西田敏行20周年!冬の1時間スペシャル~

次回は『人生の楽園』の語り部である西田敏行が、2003年10月に“楽園の案内人”となり今年で20周年を迎えることを記念しての特別バージョン!案内人としてナレーションを担当するだけでなく、これまで度々、日本各地の“楽園の主人公”の元を訪れ、みなさんと触れ合い応援し続けてきました。そんな当番組での20年にわたる西田敏行の軌跡を、秘蔵映像を交えながら、同じく案内人である菊池桃子とともに振り返る『西田敏行20周年!冬の1時間スペシャル』です。

この記念すべき回にご紹介する新たな“楽園の住人”は、東京から青森県五戸町に移住後、就農し『農家民宿&カフェ 音水小屋』を始めた佐藤岳広さん(42歳)と美穂子さん(41歳)ご夫婦です。自宅や民宿の建物は、夫・岳広さんの少年時代の思い出が詰まった祖父母の家。この大切な家で現在3人の子育てに奮闘しながら理想の“農のある暮らし”を追求し、一家5人賑やかな毎日を送っています。
埼玉出身の岳広さん。盆や正月には決まって父親の実家である青森・五戸町の祖父母の家に帰省しました。農家を営む祖父と夏は畑に行き、冬は雪にまみれて遊び…最高に楽しい思い出を大人になっても忘れることがなかった岳広さん。「いつか必ず祖父母の家に帰る」と心に決めつつIT企業に就職します。一方、大阪出身の美穂子さんは、学生時代に中国の田舎でボランティアを経験したことで「いつか田舎で農業をして暮らしたい」と考えるように。その後、大手求人広告会社に就職しましたが、不景気の波に飲まれ早期退職を余儀なくされます。同じ頃、周囲が結婚ラッシュで焦りを感じた美穂子さん。「一緒に田舎暮らしをしてくれる人誰かおらん?」と婚活を開始すると、同じ思いを持つ2人は友人の紹介で巡り会い結婚。2016年に長男と次男を連れ、岳広さんの祖父母の家がある青森・五戸町へ移住しました。岳広さんは町内の農家で研修をし、美穂子さんは生計を立てるためのプランを練ることに。母屋の隣の牛小屋を改装後、2019年に『農家民宿&カフェ 音水小屋』をオープンしました。
岳広さんが農業全般の担当。土を耕さない「不耕起栽培」を選択し、手作業による米と野菜作りにこだわっています。なんと足踏み式脱穀機で米を脱穀し唐箕で選別しているんです。美穂子さんは農家民宿とカフェの営業に加え、弁当の製造販売も行います。移住後に長女・弥恵子ちゃんも生まれ、3人の子どもと楽しい日々。周囲に暮らす多くの先輩方と交流をしながら、五戸町の活性化にも尽力しています。にぎやかな毎日を送る佐藤一家の、忙しくも楽しい暮らしをご紹介します。

「農家民宿&カフェ 音水小屋」はどんな店

農家民宿 カフェ 音水小屋。宿泊の受付は随時。カフェでは、農薬、化学肥料(動物性堆肥も)不使用で育ったお米と野菜を使って、気ままな創作料理を提供。

公式SNSではお店の情報が掲載されています。こちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

音水小屋(@otomizugoya)がシェアした投稿

「農家民宿&カフェ 音水小屋」の場所

「農家民宿&カフェ 音水小屋」店舗情報

  • 住所:〒039-1703 青森県三戸郡五戸町倉石又重上エ平16−2(倉石ローソン付近)
  • 営業時間:12時〜15時
  • 休み火、木、日、祝 他はカレンダー参照
  • お問い合せ:090 2796 9974
  • 公式ホームページ
  • 公式フェイスブック
  • 公式インスタグラム

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子
  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

最新の投稿