【ナニコレ珍百景】に【場所は埼玉県川越市「1969年の小学生が描いた絵を日本全国から集めた77歳…集めた577枚の絵画をどうする?心温まる目的とは?鈴木浩さんご夫婦の感動物語」】が登場紹介!


2022年9月4日(日)19時00分~19時58分放送のテレビ朝日「ナニコレ珍百景」に、埼玉県川越市「1969年の小学生が描いた絵を日本全国から集めた77歳…集めた577枚の絵画をどうする?心温まる目的とは?夫婦の感動物語」が登場するようですよ!

日本全国から集めた昭和の小学生が描いた絵 埼玉県 鈴木浩さんご夫婦

埼玉県で暮らす鈴木浩さん(77歳)ご夫婦が50年前に日本全国各地から集めた昭和の小学生が描いた絵というもの。
50年越しの思いを遂げて、展覧会やウェブサイト児童画展「ありがとうの絵」を開催した鈴木浩さんは、1967年、当時大学生だった鈴木浩さんは、デパートで見た児童画展をきっかけに、子どもたちが描いた絵の素晴らしさを知り、日本中から子どもたちが描いた絵を集めて展覧会を開きたいと思い立ったという。自転車で全国をまわりながら、学校や教育委員会にお願いしたが、子どもたちから直接絵をもらうことはできず、理解してもらえなかったことも多々あった。
美術図工の先生が協力してくれたり、奥様・文子さんも協力してくれたりし、1969年から1年ほどかけて、日本全国の小学生が描いた577枚の絵を集めた。その後、デパート、百貨店などで絵の展示会場を探したが「ビジネスにならない」と断られたが、地道に展示場所を探し、銀座の地下街の「サークルクラブ協会 銀座ギャラリー」で展示のほか、2013年に集めた絵をデジタル化し、インターネット上で、「ウェブサイト児童画展 ありがとうの絵」を展開。2022年1月には「小学生が描いた昭和の日本」を発刊したという。2022年3月には福岡県の田川市美術館で原画の美術展も開催した。

珍百景登録されました。

テレビ朝日「ナニコレ珍百景」番組データ

テレビ朝日「ナニコレ珍百景」毎週日曜日 18時30分~19時58分放送

2022年9月4日(日)19時00分~19時58分の放送「ナニコレ珍百景」は、埼玉県川越市「1969年の小学生が描いた絵を日本全国から集めた77歳…集めた577枚の絵画をどうする?心温まる目的とは?夫婦の感動物語」
を紹介。

出演者

MC:名倉潤・堀内健(ネプチューン)
珍定委員長:原田泰造(ネプチューン)
進行:斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー)
珍定ゲスト:菊池桃子・ハナコ
ナレーター:奥田民義、広居バン

  • テレビ朝日「ナニコレ珍百景」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/nanikore/