【食彩の王国 にんじん・千葉県山武市 はまべに五寸】に【場所は千葉県松戸市小金原。ベーパリーショップ・パン屋・ニンジンのサンドイッチが看板メニューの店「Backstube Zopf(バックシュトゥーベ ツオップ)」シェフの伊原靖友さんはパンとニンジン料理レシピ】が登場紹介!


2021年12月25日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国 第911回 ニンジン」の回に、千葉県松戸市小金原にあるベーパリーショップ・パン屋・ニンジンのサンドイッチが看板メニューの店「Backstube Zopf(バックシュトゥーベ ツオップ)」シェフの伊原靖友さんが登場するみたいですよ!

「デザートにもぴったり!あま〜いニンジン」千葉県・松戸市にあるパン好きの聖地とも言われるパン屋さん。店の看板メニューは、シャキシャキしたニンジンが主役のサンドイッチ。シェフの伊原靖友さんはパンとニンジン、それぞれの甘さが旨味を引き立て合うと言います。簡単でおいしいサンドイッチの作り方を紹介します。

ニンジンのサンドイッチが看板メニューの店「Backstube Zopf(バックシュトゥーベ ツオップ)」

店の名前はドイツ語ですが、並ぶパンは多国籍。 アイテムは400以上。毎日300種類のパンを焼きだしています。
住所:千葉県松戸市小金原2-14-3
TEL:047-343-3003
http://zopf.jp/

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年12月25日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国 第911回 ニンジン」内容は、「聖夜に香るニンジンフレンチ〜女子に人気の“ヌン活”って⁉」が登場します。甘〜くて香るニンジンに魅了されたフレンチの匠 東京都目黒区青葉台ニンジンを知り尽くしたフレンチ「CRAFTALE(クラフタル)」シェフの大土橋真也さんが“大地のチカラ”にインスピレーションを感じ、ニンジンが主役となる渾身の逸品を仕立てます。生産農家 千葉県山武市「はまべに五寸」有機栽培 富谷亜喜博さんも感動の一皿料理レシピを披露!

 

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/