【食彩の王国・築地場外市場の食材】に【場所は東京都中央区築地。焼ばら海苔そば「お食事 築地若葉(つきじわかば)」名作「魚河岸ものがたり」(森田誠吾作、昭和60年下期・直木賞受賞)のモデル】が登場紹介!通販売・お取り寄せ・オンラインネットショップは?


2021年3月20(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第873回 築地場外市場の食材」の回に、東京都中央区築地にある焼ばら海苔そば「築地若葉」が登場するみたいですよ!

今回は、築地場外市場の食材物語として、80年余りの歴史を誇る食材の宝庫、460を超える専門店が軒を連ね、目利きの職人達が腕を競い合う「築地場外市場」が舞台。食の街を襲った新型コロナウィルス禍で、築地ブランドを守りたい―未来を切り拓かんと奮闘する人々を紹介する。

焼ばら海苔そば「築地若葉」

中華そば、つきじ若葉は、名作「魚河岸ものがたり」(森田誠吾作、昭和60年下期・直木賞受賞)のモデルにもなった築地市場の小さな店です。作品中のラーメン屋・青葉亭のモデルが当店「若葉」です。昔ながらのラーメン一筋で、続けています。50年ほど前に開業、これ以上細く出来ないくらい極細のちぢれ麺、その極細ちぢれ麺によくからむコクのあるさっぱりしたスープ、そしてやわらかくジューシーな焼豚が、味覚に厳格な板前さんや市場関係の方々から変わらぬ支持を受けております。

  • 住所:東京都中央区築地4丁目9番11号
  • 電話:03-3546-6589
  • 築地若葉 公式サイト:https://www.tsukiji.or.jp/shoplist/cat-d/cat-14/087/

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年3月20(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第873回 築地場外市場の食材」内容は、「健在!築地場外市場の今…4代目涙の決意と挑戦」が登場します。豊洲に市場が移転しても、いまだ活気あふれる築地場外市場。さらに新作を発信しようと奮闘する4代目を追う。恩人で大先輩の亡き匠を偲び、決意を新たに前進する。

築地場外市場をさらに盛り上げようとアイデアを絞る、玉子焼き店と鶏肉専門店「つきぢ松露(しょうろ)」の4代目 齋藤賢一郎さん同志。去年末に亡くなった恩師「つきぢ田村」田村隆氏の遺志を継ぎ、築地から情報発信するために、新作メニュー作りに明け暮れる。今回は、亡き田村氏と30年来の友人、中華の匠・脇屋友詞シェフが、4代目のふたりにエールを送る至極の逸品料理レシピを披露する。それは亡き親友の思いを繋ぐ一皿でした。しっかりと味わう4代目が心に誓った涙の決意とは。必見!

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で