【食彩の王国・山梨県小菅村ヤマメ】に【場所は山梨県北都留郡小菅村川久保。養殖歴50年以上の古菅一芳さんが営む養魚場「小菅養魚場」】が登場紹介!お取り寄せ・通販売・オンラインネットショップは?


2022年9月10日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第946回ヤマメ」の回に、山梨県北都留郡小菅村川久保にある「小菅養魚場」が登場するみたいですよ!「渓流の女王 ヤマメ」上品な甘みと香りを持ち、美しい姿から“渓流の女王”と呼ばれる「ヤマメ」。その名産地として名高いのが多摩川の源流に位置する山梨県・小菅村を紹介。

ヤマメ養殖の第一人者・古菅一芳さん。身のしまったヤマメを育てる秘訣や、もともと河川の上流に生息し警戒心が非常に強いヤマメの養殖を成功させた苦労を教えてもらいます。

養殖歴50年以上の古菅一芳さんが営む養魚場「小菅養魚場」

住所:山梨県北都留郡小菅村川久保4674
TEL:0428-87-0336

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年9月10日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第946回ヤマメ」内容は、「渓流の女王…美味ヤマメ!移住に人気の古民家&村人のおもてなし」が登場します。今回の主役は渓流の女王・美味ヤマメです。ヤマメ養殖の第一人者・古菅一芳さんの警戒心が非常に強いヤマメの養殖を成功させた苦労を教えてもらいます。また、今移住で人気の山梨県小菅村の古民家は、すべて村人がおもてなし。若き匠・源流懐石「24SEKKI」(NIPPONIA小菅 源流の村)ヘッドシェフ鈴木啓泰さんのヤマメ創作和食とともに、元気一杯の村を紹介します。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/