「いなみ野いちご畑・いちご畑のパン工房エピ」農家 橋本博嘉さん・兵庫県加古郡稲美町「ジューシー!あふれる甘うま果汁、しっかりした果肉の食感、爽やかな香りが口いっぱいに!こだわり苺、章姫(あきひめ)」実食レビュー


こんにちは!ろんぐ(@rongkk1)です。

今回紹介するのは、のどかな田園風景がひろがる兵庫県加古郡稲美町の農家「いなみ野いちご畑」さん。

「いなみ野いちご畑」さんでは、ハウス高設でのイチゴ「章姫(あきひめ)」「おいCベリー」やイチジクなどの果実をはじめ、白菜、さつまいも、トウモロコシなど季節の野菜を栽培、加工品の販売をされています。

こだわりイチゴ「章姫(あきひめ)」は人気のフルーツで、近隣飲食店をはじめとしていろいろなお店で食材として使われるほど。

先日アップしたソフトクリーム専門店「くりーむ堂」さんでもメニュー「いちご・いちご・いちご」には「いなみ野いちご畑」さんの「章姫(あきひめ)」を贅沢に1パック使用していました。

今回は、いちごを購入するだけだったのはずだったのですが、「いなみ野いちご畑」代表の橋本博嘉さん我直売所にいらして、農園についてのお話も伺うことができました。ラッキー。

いなみ野いちご畑・いちご畑のパン工房エピへ行ってきた!

「いなみ野いちご畑」さんは、のどかな田園風景のひろがる加古郡稲美町中村、県道384号線(平荘大久保線)向(むかい)交差点を明石方面へ300m行ったところにあります。

こちら大きなカントリーな木枠が目を引く、大きな看板が目印。

近くに大きなハウスが数棟並んであるので目につきやすいと思います。

大きな看板が目印

大きな看板が目印

「いなみ野いちご畑」さんのいちご直売所は、いちごを栽培するハウスのそば。

こちら。店舗は道路からは一段下がった場所にありハウスの影になっているので看板を目印に出かけるといいと思います。

「いなみ野いちご畑」さんのいちご直売所

「いなみ野いちご畑」さんのいちご直売所

また、いちごの直売所の横にはパン工房「いちご畑のパン工房エピ」もあります。

パン工房「いちご畑のパン工房エピ」

パン工房「いちご畑のパン工房エピ」残念休みでした。

「いちご畑のパン工房エピ」では、いなみ野いちご畑で採れたいちごなどのフルーツを使ったジャム、季節に応じた野菜・フルーツを使い焼き立てパン、農園内で飼育している蜂から採集したはちみつなどの加工品の製造販売もしています。

今回出かけた時は残念ながらパン工房「いちご畑のパン工房エピ」お休みでした。

こちらは、ぜひ再度出かけてみたいと思います。

 

「いなみ野いちご畑」さんのいちご直売所へ。

いちごの直売所に入ると、いちごのいい香り。

お店には農園のご主人橋本博嘉さんが対応してくださいました。

正面「章姫(あきひめ)」右手にみえるのが「おいCベリー」

販売していたのは、「章姫(あきひめ)」と「おいCベリー」。

「いなみ野いちご畑」さんコダワリのイチゴ「章姫(あきひめ)」は、良く目にするイチゴは横幅のある円錐形ですが、章姫は縦長の円錐形。果皮は濃橙赤色。果実は少しやわらかめで口当たりよくて、果汁もじゅわーっと豊富に口の中に広がります。酸味が少なくて甘味をしっかりと感じられるイチゴです。最高。

また「おいCベリー」は、ビタミンCが多くふくまれている品種で、約7粒で1日のビタミンC必要量が接種できるほどふくまれています。果実は比較的大きく「章姫(あきひめ)」にくらべると丸みをおびた形。果肉の色は光沢があり濃赤色。糖度は親品種の味わいはさちのかよりもやや高く、程よい酸味で香りがよくてみずみずしく食味。果実がしっかりとしており日持ちがします。

700円、600円、500円などの価格帯でイチゴがパック販売されています。

今回はコダワリのイチゴ「章姫(あきひめ)」を頂くことにしました。

いなみ野いちご畑 橋本博嘉さんのイチゴを食べてみた!

こちら「いなみ野いちご畑」さんの自慢のいちご「章姫」。

色艶がたまりません。もう見た目から最高。

購入して自宅につくまでの車内はイチゴの香りで悩殺です。まいった。

ラッピングをはずすとさらに色味が綺麗。とても爽やかな甘い香りが広がりますね。

果肉は仲間で真っ赤ではなく、8割ほど綺麗なピンクから白のグラデーション。

切った瞬間じゅわっと果汁が染み出します。

たまらずパクリ。果肉からじゅわーっとジューシーな果汁、ふわっとした食感とともに口の中に爽やかな香おおきく花開く。

もう、たまらんわ。逸品です。

 

今回でかけた1/1~1/5の期間には「お正月お年玉プレゼント企画!」を実施していました。

いなみ野いちご畑の直売所内でいちごを購入すると、いなみ野いちご畑の丹波黒豆(250g400円相当)がプレゼントされるというもの!

しっかりゲットしました!ラッキー。

とてもいい品質の黒豆です。これもこだわりの丹波黒豆。

「いなみ野いちご畑」さんでは黒豆は時期により枝豆も販売しているそうです。今年は買いに行きたい

農園「いなみ野いちご畑」橋本博嘉さんと立ち話。農家さんの話は発見がいっぱい!

橋本さんにイチゴを栽培しているハウスを撮影させてくださいとお願いすると、快く了承いただきました。

こちらイチゴのハウス。凄く立派なハウスでした。

こんな立派な高設栽培のハウスは加古川稲美近隣では珍しいですね。

「章姫」「おいCベリー」高設栽培のいちごハウスでは時期になると「いちご狩り」が楽しめます。高設栽培で、しゃがむことなく楽にいちご狩りをお楽しめる。通路の幅も広く車椅子の方でも安心。家族でたのしめます。

「いなみ野いちご畑」代表の橋本博嘉さんに農家して取り組んでいることもいろいろとお話いただきました。

「いなみ野いちご畑」さんでは、イチゴ「章姫」「おいCベリー」、いちじくなどの果物や、白菜、大根、トウモロコシ、黒豆など様々な季節野菜を栽培するほか、養蜂でのは蜂蜜づくりもされています。

養蜂では、稲美町近隣の畑にヘアリーベッチの花畑をつくり養蜂を予定しているそうです。

ヘアリーベッチはマメ科の植物で、採蜜時期が4~6月、開花日数は7週間ほどの花。ヘアリーベッチはとてもいい香りの蜜ができるんだとか。

また、葡萄(ぶどう)の栽培も予定中。すでに苗は購入ずみで今から定植するそうです。なお、葡萄(ぶどう)の栽培は収穫できるまで3年ほどかかりると話されていました。

ヘアリーベッチのはちみつ、葡萄(ぶどう)栽培、これはどちらもたのしみですね。

今後情報はインスタグラムで紹介されていくそうなので、インスタグラムの登録をして情報をチェックしていきたいと思います。

みなさんもぜひ登録してチェックしてみてください。

いなみ野いちご畑・いちご畑のパン工房エピ 場所

いなみ野いちご畑・いちご畑のパン工房エピ 営業情報

それでは「いなみ野いちご畑」の場所と営業情報について書いておきます。

兵庫県加古郡稲美町にある「いなみ野いちご畑」。

田園風景のひろがる加古郡稲美町中村、県道384号線(平荘大久保線)向(むかい)交差点を明石方面へ300mのところ。

いちご狩りをはじめ、さつまいも・いちじく・柿・枝豆など、たくさんの作物を栽培。栽培する作物を使った、はちみつ・ジャム・パンなど加工品の販売。おいしく安全なものを提供したいとの思いから、減農薬でひとつひとつ丁寧に栽培されています。

おすすめの農家さんです。ぜひでかけてみてください。

いなみ野いちご畑

  • 代表:橋本 博嘉
  • 住所:〒675-1122 兵庫県加古郡稲美町中村1067-1 地図
  • 営業時間 10:00~16:00
  • 定休日 無休 いちご狩りは月曜日休みとなります。
  • アクセス:山陽本線東加古川駅より車で10分
  • 駐車場:あり(12台)
  • お問合せ:TEL:090-4298-0037
  • いなみ野いちご畑 公式サイト:https://www.inaminoichigo.com/
  • いなみ野いちご畑 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/inaminoichigo/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で