長崎県東彼杵町(ひがしそのぎちょう)町【移住・JR大村線無人 千綿駅(ちわたえき)花店アトリエショップ「ミドリブ」】飯塚陽子さん将次さんが【人生の楽園】に登場!注文・場所は?


長崎県東彼杵町(ひがしそのぎちょう)町【移住・JR大村線無人 千綿駅(ちわたえき)花店「ミドリブ」】飯塚陽子さん将次さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

長崎県東彼杵町で花屋「ミドリブを営む飯塚陽子さん将次さん夫妻が、2023年月日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2023年1月28日睦月の四 テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、「長崎県東彼杵町~海辺の無人駅 小さな花屋さん~ミドリブ」で飯塚陽子さん(47歳)夫の将次さん(49歳)が紹介されます。

今回は移住した長崎県東彼杵町(ひがしそのぎちょう)の無人駅で花店『ミドリブ』を始めた飯塚陽子さん(47歳)と町の観光協会に勤めている夫の将次さん(49歳)が主人公です。
2人は千葉県浦安市出身。陽子さんは東京の花店に勤め、将次さんは観光ガイドブックの編集の仕事をしていました。30代半ばに結婚し、陽子さんの妊娠をきっかけに「自然豊かな場所で暮らし、子育てをしたい」と考えた2人。暮らすなら九州がいいと移住先を探し、東彼杵町が「地域おこし協力隊」の募集をしていることを知り、将次さんが応募し合格。2013年9月、千葉県浦安市から長崎県東彼杵町に移住しました。
移住後、長女・芽以さんが誕生。将次さんは地域おこし協力隊で3年の任期を終え、町の観光協会で働くことが決まります。陽子さんは娘が保育園に入るとママ友が出来、花店を始めるきっかけとなる埼玉県出身の堤彩子さん(41歳)と東京からUターンした下野惠美子さん(35歳)と出会います。堤さんは景観デザインの仕事経験があり、下野さんは生け花経験が豊富。ある日、堤さんに「花屋での経験をいかし協力して欲しい」と誘われ、下野さんと3人で飲食店の植栽を手掛けました。それがきっかけで2017年6月、3人は店舗を持たないオーダー制の花店『ミドリブ』を結成。リースの制作販売やワークショップ、更にブライダルやイベントの装飾など活動の場を広げていきました。
『ミドリブ』結成から5年。陽子さんの元にある情報が届きます。それは移住当初から、その佇まいが好きだった“千綿(ちわた)駅(JR大村線)の使用者を町が募集している”というもの。「あの駅舎でなら花店を開きたい。臆病な自分だが人生1度はチャレンジしてみたい」そう思い立った陽子さん。将次さんとミドリブの2人も背中を押してくれました。こうして去年5月、無人の千綿駅で小さな花店『ミドリブ』をオープンしました。
自然豊かな土地で子育てがしたいと、縁もゆかりも無い町に移住し、新たな生きがいを見つけた陽子さんと将次さん。家族の日常と支えてくれる仲間たちとの交流を紹介します。

「ミドリブ」はどんな店

長崎県千綿うまれの文化を届ける風変わりな花屋
ミドリブ 千綿駅構内アトリエショップ
無農薬無肥料綿花栽培 千綿百年紡ぎ 活動中

「ミドリブ」の場所

「ミドリブ」店舗情報

  • 場所:〒859-3923 長崎県東彼杵郡東彼杵町駄地郷
  • 営業時間:10:30-14:00
  • 定休日:火・水
  • お問い合せ:下記サイトを参照ください。
  • 公式ホームページ:http://midoribu.com/
  • 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/midori_bu/

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子
  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/