【食彩の王国・甘藷農園「鹿吉」さつまいも シルクスイート】に【場所は東京都目黒区鷹番。卓越した技で独創的な料理が堪能できる割烹店「割烹すずき」店主の鈴木好次さん料理レシピ】が登場紹介!お取り寄せ・通販売・オンラインネットショップは?


2022年10月29日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第953回 さつまいも シルクスイート」の回に、東京都目黒区鷹番にある割烹店「割烹すずき」店主の鈴木好次さんが登場するみたいですよ!「秋の味覚・ほくほく甘〜いさつまいも」野山が鮮やかに彩られる秋。この季節に食べたくなるのが、ほくほくと甘いさつまいも!

東京・目黒には、独創的なさつまいも料理が評判の割烹があります。店主の鈴木好次さんがさつまいもに合わせる食材は、ウニやホタテ等の海の幸!それをミルフィーユ状に重ねて、さつまいもの葛餡をかければ…芋と魚介が相乗効果で至福の味わい。鈴木さんが使っているさつまいもは、茨城県・鉾田市の“シルクスイート”。

卓越した技で独創的な料理が堪能できる割烹店「割烹すずき」

住所:東京都目黒区鷹番2-16-3
TEL: 03-3710-3696
http://www.kappou.jp

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2022年(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第953回 さつまいも シルクスイート」内容は、「行列‼さつまいも若女将の逸品&ブランド芋に賭ける兄弟の奮闘」が登場します。主役は美味ブランドのさつまいも「シルクスイート」です。生産者兄弟 茨城県・鉾田市で、シルクスイートを生産しているのは、“鹿吉”3代目の吉田喜一さんと弟の吉田行宏さんの奮闘に密着し、茨城県日立市末広町イタリアンの匠 クチーナ ノルド いばらきの佐藤協壱シェフの華麗なる創作イタリアンも紹介。映える!若女将の㊙スイーツも登場します。※吉田さんの吉の字は正しくは「つちよし」です

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/