播磨町・兵庫県立考古博物館で秋季特別展 「丹波焼誕生-はじまりの謎を探る-」2022年11月27日(日)まで開催中!


播磨町・兵庫県立 考古博物館で秋季特別展 「丹波焼誕生-はじまりの謎を探る-」2022年11月27日(日)まで開催中!

日本六古窯の一つとして知られる丹波焼ですが、そのはじまりは長らく謎に包まれていました。昭和52年(1977)、丹波焼最古の窯の一つである三本峠北窯跡(丹波篠山市)の発掘調査が行われ、菊花文、蓮弁文などの絵が刻まれた刻画文陶器片が数多く見つかったことから、その謎が解明されるきっかけとなりました。本展では、三本峠北窯跡や他地域産の刻画文陶器に対する近年の資料調査で明らかになった丹波焼の成立について紹介。

秋季特別展 「丹波焼誕生-はじまりの謎を探る-」開催情報

  • 会期 : 2022年10月1日(土)~2022年11月27日(日)
  • 会場:兵庫県立考古博物館 特別展示室
    〒675-0142 兵庫県加古郡播磨町大中1-1-1
  • 時間:9時30分~17時00分
    (展示室への入場は16時30分まで)
  • 開催期間中の休館日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)
  • 観覧料金 大人500(400)円、大学生400(300)円、高校生以下無料 ※( )書きは20名以上の団体割引料金 ※障害者手帳もしくはアプリ提示で本人は75%減免、介助者1名は無料 ※満70歳以上の方は大人料金の半額
  • 公式サイト:https://www.hyogo-koukohaku.jp/