大阪府枚方市 鍵屋別館【世界最小の財布を目指す革職人 工房ARTIGIANO(アルティジャーノ)0.7ミリ「ウスハ・ツー」金具を一切使ない革財布】縄田真悟さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!注文お取り寄せ・通販売・ネットオンラインショップ・新店舗(工房兼販売店舗)場所は京都府京都市柳馬場通


大阪府枚方市 鍵屋別館【工房ARTIGIANO(アルティジャーノ】縄田真悟さんが【LIFE~夢のカタチ~】で紹介!場所は?

大阪府枚方市にある「世界最小の財布を目指す革職人 工房アルティジャーノ」縄田真悟さんが、2021年6月26日(土) 午前11時からの朝日放送LIFE~夢のカタチ~に登場するようですよ!

キャッシュレス化で、コンパクトな財布が求められる中、国内最小ともいえる財布が注目を集めています。様々な工夫をこらし、その使い勝手の良さが話題に。世界最小の財布を目指す革職人、縄田真悟さんです。
大阪府枚方市の商業施設の中に、小さな工房があります。ここで作られているのが、縦・横とも9cmを切る二つ折り財布。カード類が入り、お札が15枚、小銭も入るという大容量です。この財布をたった一人で生み出した縄田さん。

「ウスハ・ツー」と名付けられたこの財布は、金具を一切使わずに、革だけで作られています。留め具も革で出来ているため、表面に凹凸が出ません。イタリアン・レザーで、独特な風合いを持つその革の厚さは、0.7ミリ。使いやすさ、デザインの良さから、セレクトショップでも扱われています。

小さな頃から、物の構造に興味があったとか。大学を卒業後、時計工房に就職しますが、2年で退職。そこから独学で学び、自宅でひたすら財布を作り続け、2016年に工房を開きました。この春からは新入社員も迎え、京都に、さらに広いショップ兼工房をオープンすることにしました。

開店するにあたり、縄田さんは、新しい挑戦を始めます。それは財布ではなく、トートバッグを作って、お店の看板商品にしようというものでした。使いやすく、自立して、大容量なのに厚さを感じさせない、美しいデザインのトートバック。

大国町でこだわりの革を選び、香川県の工房でレザークラフト専用の「抜き型」を発注しました。さて、一体どんなカバンが出来上ったのでしょうか。アイデアあふれる革職人、縄田真悟さんを紹介!必見!

 鍵屋別館(KAGIYA BEKKAN)「工房アルティジャーノ」とは?

デザインというものは決して見た目のものではなく、使いやすさや使用後の姿をデザインしていきたいとの考えをコンセプトに「5年後、10年後の完成度」を目指した革製品をつくる革職人のお店。

 鍵屋別館(KAGIYA BEKKAN)「工房アルティジャーノ」店舗情報

京都「工房アルティジャーノ」新店舗・工房

  • オープン予定:7/1
  • 住所:京都府京都市柳馬場通蛸薬師下る十文字町432小松ビル1階 地図

朝日放送テレビ【LIFE~夢のカタチ~】番組データ

朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」 毎週土曜日 午前11時~放送 夢を追い、情熱を傾ける人たちに密着する人間ドキュメント番組です。ナレーションは演技派俳優の佐々木蔵之介さん。人生の物語を豊かな語りで紹介されます。
  • 朝日放送テレビ「LIFE~夢のカタチ~」公式サイト:https://www.asahi.co.jp/life/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で