播磨町郷土資料館で開催されている「多木のガッタンと兵庫のローカル線」が素敵。鉄ちゃんじゃなくても見るべきです!

記事はここから

こんな貴重な資料なかなかみれません。鉄道マニアは必見でしょう。JR土山駅前から南にあるいてすぐのところ、播磨郷土資料館で、昔この地域を走っていた別府鉄道を回顧する展覧会「多木のガッタンと兵庫のローカル線」が開催されています。

別府鉄道を懐かしむ、当時使われていた品々がみることができる貴重な展覧会です。また、近隣のローカル線で使用されていた品々も展示されており、当時を懐かしむことができます。レトロな思いに浸り方には是非ごらんいただきたいですね。

図説 別府鉄道 (RM LIBRARY (38))

中古価格
¥980から
(2015/10/12 20:15時点)

image

開催中~12月6日(日)

特別展『多木のガッタンと兵庫のローカル線―懐かしの別府鉄道―』 播磨町

[加古郡播磨町]

 播磨町の郷土資料館で現在、特別展『多木のガッタンと兵庫のローカル線―懐かしの別府鉄道―』が行われている。12月6日まで。

別府鉄道は、加古川市別府町にある多木製肥所(現多木化学)が製品を全国へ輸送するため敷設された鉄道で、野口線と土山線の2路線があった。同館とJR土山駅(同町野添)を結ぶ「であいのみち」は土山線の跡地で、機関車が「ガタンガッタン」と音がしたことから地元では「多木のガッタン」と呼ばれ、親しまれていたという。

開催期間 開催中~12月6日(日)
時間 9:30~17:00
場所 播磨町郷土資料館
(加古郡播磨町大中1-1-2)
入館料 無料
休館日 月曜日(祝日は開館し、翌火曜日に休館)
問い合わせ 播磨町郷土資料館
TEL 079-435-5000

出典:Kiss PRESS

 

 

image image image image imageimage image image image image image image image image image image image image image image image image image image image image image image image image image

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA