福岡県糸島市【プロのカメラマン・撮影スタジオ兼住居】が【住人十色】2018年12月15日(土)に登場!場所は?

記事はここから

福岡県糸島市【プロのカメラマン・撮影スタジオ兼住居】が【住人十色】に登場!場所は?

2018年12月15日(土)午後5時に放送の毎日放送「住人十色」に、福岡県糸島市にある「プロのカメラマン・撮影スタジオ兼住居」が登場するようですよ!

スポンサーリンク

番組データ

次回12月15日放送

ご主人はプロのカメラマン
福岡・糸島で叶えた撮影スタジオ兼住居

舞台は福岡県糸島市。プロカメラマンの撮影スタジオ兼住居を紹介する。
九州の北部にある糸島は、福岡市内から車で約40分とアクセスもよく、おしゃれなカフェやIT企業が集まる今注目のエリア。大阪でカメラマンとして活躍していた住人(アルジ)は、マネージャーである妻の営業の甲斐もあって地元九州での仕事が軌道に乗ってきたことから、昨年糸島に撮影スタジオ兼住居を構えた。

夫婦で暮らす家は、25mもの長さがある平屋。片側に住居、反対側に撮影スタジオがあり、その間を壁や窓がないオープンスペースで区切っている。この土間があることで、仕事と生活のオンとオフが切り替えられるのだとか。
リビングダイニングキッチンの天井高は4mもあり、明るく開放的。センス良く並べられたインテリアが目を引くが、これらは撮影で使うことも考えて選んでいるという。
オープンスペースを挟んだ反対側にある撮影スタジオは、写真を撮りやすくするため柱は設けず、梁をピラミッド状に連結させた特殊な構造で屋根を支えている。また「できるかぎり自然光で撮影したい」という住人(アルジ)のスタイルから、通常は光が入らないようにすることが多いスタジオの天井近くに窓を付けた。
実は、撮影スタジオには他の活用方法が。妻が週に1度、ここでヨガ教室を開いているのだ。柱のない広々とした空間で、自然の光を浴びながらヨガができると生徒には大好評。レッスン後はオープンな土間スペースが憩いの場になるという。

「夫と生きていくと考えたときに、ここの土地や家はベストだと思った」と妻も満足する、そんな夫婦の夢を叶えた家を紹介する。

MBS『住人十色』

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で