ウィルスソフト「ノートンnorton」でクレジット契約・自動更新「ライセンス自動延長サービス」を解約・解除する方法がわからない!やりかた・方法・解決策は?


ウィルスソフト「ノートン」でクレジット契約・自動更新「ライセンス自動延長サービス」を解約・解除する方法がわからない!やりかた・方法・解決策は?

ノートン勝手に更新される・自動延長を解約する方法・手順・場所

今回ノートンを購入して、契約を勝手に更新されてしまう「ライセンス自動延長サービス」解除が、とてもわかりにくい仕様だったので解決策を書き留めておきます。

契約解除最短コース

①注文情報確認ページ

https://www.nortonstore.jp/orderstatus/

②購入時の「注文番号」と「メールアドレス」を入力。

この時の「注文番号」は、更新時の「注文番号(更新を知らせるメールにある:今回のご注文番号)」ではなく、

最初にノートンを購入した際の「注文番号(更新を知らせるメールにある:自動延長加入時のご注文番号)」を入れてください。

※「自動延長加入時のご注文番号」は勝手に更新された際に送付されるメールに記入があるはずです。

③お客様メニューから「自動延長サービスの申し込み状況確認・停止手続き」をえらび

「自動延長停止」を選び下の停止ボタンを押す。

ただし、これで停止されるわけではない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

④要注意!③停止ボタンを押すとアンケートが再度表示(ポップアップする)します。そのアンケートしたにある「停止ボタン」を押し、はじめて延長停止になります。

⑤停止になると登録メールアドレスに停止をしらせるメールが届く

これで完了です。念のため再度①のアドレスで確認してください。

———————————————————

ここからは、困って解決するまでの様子です。

ノートンは、クレジット契約すると自動で契約が延長される仕組みになっているようです。

延長・更新をしらせるメールが、更新月の1月前に来ることはありません。

ほっておくと自動で契約が更新され、更新後にメールで知らされます。

ちょっと不親切なサブスクになっています。ネットで調べると、勝手に更新されたなど、困っている方も多いようです。

そして延長更新されたことを知り、自動延長を停止する方法を探すのですが、自動延長を解約する解りにくくて困りました。

まず、どこから自動延長を解除すればいいのかわかりませんでした。

 

ネットで調べても、マイアカウントにログインし「ライセンス自動延長サービスをキャンセルする」をクリックすればいいと書かれてあるだけ。

公式サイトにもこうあります。

「ライセンス自動延長サービスを停止する」

ノートン アカウントにサインインします。
[マイアカウント]ページで、自動延長サービスをキャンセルするライセンスの横または下にある[ライセンス自動延長サービスをキャンセルする]をクリックします。
キャンセルを確定します。

https://support.norton.com/sp/ja/jp/home/current/solutions/kb20090818144126EN

しかし、実際にマイアカウントにログインして「ライセンス自動延長サービスをキャンセルする」のボタンを探すもみつからないのです。この段階でかなり心が折れます。

私が解決した方法はこちらです。

①自動更新を知らせるメールを確認

②自動更新を知らせるメールの下に「自動延長サービスに関する各種手続きについて」とかかれたリンクをクリック

URL:https://www.nortonstore.jp/support/autorenewal/procedural/

③「自動延長サービス申込状況の確認・停止手続き方法」の赤字「注文情報確認ページ」をクリック

URL:https://www.nortonstore.jp/orderstatus/

④「注文情報確認ページ」で「注文番号」と「メールアドレス」を入力。

ただし、最初にノートンを購入した際の「注文番号(更新を知らせるメールにある:自動延長加入時のご注文番号)」を入れてください。

間違えて更新時の「注文番号」をいれても現状の契約内容しか表示されません。

⑤うまくいくと「自動延長サービスの申し込み状況確認・停止手続き」がメニューに表示されます。

⑥延長停止を選び停止ボタンを押します。が、さらに要注意。停止ボタンを押した後、アンケートに答えるページが表示されます。このアンケートの下にも延長停止ボタンがあり、アンケートに答えて下の停止ボタンを押さないと、延長停止にはなりませんのでご注意ください。

ここでアンケートしたの延長停止をおしわすれると、次回再度更新されてしまいます。

とても理不尽で、押し忘れを誘うような作りです。

とても分かりにくい解約方法で、ノートンの契約をやめるきっかけになりました。

みなさんもご注意ください。