姫路市から全国そして世界へ。本場イタリア仕込みの米粉パスタが地域の未来を熱くする!米粉生パスタのお店「生パスタ工房&農家イタリアン『Pasta Sorriso(パスタソリーゾ)』店主小川陽平さん(姫路市山田町)

記事はここから

姫路市に地元の地産地消にこだわったイタリアンレストランがあります。パスタソリーゾです。

パスタソリーゾは、地元の小川農園株式会社が2015年5月にオープン。

店近隣姫路、加西の農産物を活かしたレストランとして人気を集めています。

オーナーの小川陽平さんは地元姫路出身。地元の地域活性化にも積極的に参加されています。

地元活性化で培った経験から、地元の野菜を使って六次産業化に取り組み、ソリーゾでは地元の米粉を使用したパスタの製造販売を行う。

人気は上々で地元はもとより全国から声がかかっている。

姫路で飼育した三元豚を使った「トルテリーニ」も人気がある。

レストランでは製造したパスタを味わえるほか、本格的なイタリアン料理もたのしめます。

製造したパスタの販売もしているので、ぜひお買い求めください。

建てものにもt注目してくださいね~。小川さんのこだわりがうかがえます。

地産地消にこだわり姫路市産の富栖杉を使用されているそうですよ。

 


農家だから農業が忙しいときはやすみなんですね~。理想的なお店ですね~

わ~じきによったらこんな蓮華畑が広がるのか~素敵だな~!

なんか美味しそうなチーズ!!!お店でもつかっているのでしょうか?

レストランの建築に使われている杉は姫路の富栖杉らしいのですが

僕は初めて知りました。一度ゆっくり山をみにいきたいですね~。

写真からも杉のいいかおりがしてきそう~

パスタがね~おいしそうなんですよ~!!!

 

p-sorriso

『農業をカッコよくしよう』 そんな想いから始まりました。

pasta sorrisoが位置する姫路の山田町は古来米の優良産地。
代々田を耕してくれたきたおかげで、農作物にも豊かな自然にも恵まれてきましたが、
跡継ぎが生まれにくい現状があります。しかし、農業こそがこれからの未来を創っていく。
そう強く想い、私たちから農業のイメージを変えよう、
農業がある地域をより生き生きとさせようとpasta sorrisoを始めました。

姫路生まれの農夫
フィレンツェ生まれの妻

小川農園2代目の小川陽平が大学在籍中に京都フィレンツェ姉妹都市40周年記念事業で現在の妻である小川クラウディアと出会ったのがイタリアとの縁のはじまりです。2007年に結婚し、イタリアで貿易関係の仕事をしている最中、家業の会社が創業100年を迎え、農業事業を開始。二人で日本に帰国して就農し、2009年に農業生産法人を設立しました。

姫路の作物×フィレンツェの技で
笑顔になるパスタを作る

フィレンツェでSorriso(ソリーゾ)は「笑顔」、Riso(リゾ)は「お米」を意味します。つまりPasta Sorrisoの直訳は『笑顔のパスタ』。Sorriso(笑顔)の中には自社農園・小川農園が育てたRiso(お米)や、農家仲間がつくる野菜がささやかに存在します。イタリアの食文化を通じてお客様に笑顔になって欲しい。そう願いを込めてパスタソリーゾと名付けました。

店名 pasta sorriso パスタソリーゾ
住所 兵庫県姫路市山田町南山田105-3
TEL  079-263-3755
営業時間  11:00~16:00
定休日 火曜日
※農家のため、農業繁忙期によって変動いたします。詳しくはお問い合わせください。

http://p-sorriso.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で