「パン デ ノブ (PAIN DE NOBU)」 兵庫県加古郡稲美町中村「山小屋風の一軒家ベーカリーなお店・めんたいフランス・カリカリメロンパン・もちふわ山食パン」実食レビュー


こんにちは!ろんぐ(@rongkk1)です。

兵庫県加古郡稲美町にあるカントリーなパン屋さんを紹介します。

山小屋風の一軒家ベーカリーで、お店の名前は「PAIN DE NOBU (パン デ ノブ)」。郊外の長閑な地域にあるパン屋さんです。

PAIN DE NOBU (パン デ ノブ)さんでは、素材本来の味わいや香りを大切にした自然派パンを販売されています。

自家栽培のこだわり野菜をつかったパンや、店主のホテル仕込みが光る上質な味わいと軽やかできめの細かい食感の食パン、そして味わい豊かなフレッシュケーキ、プリンなどのスイーツが人気のお店です。

毎日ひとつひとつ丁寧に焼き上げ ホテルのシェフブーランジェの経験を基本に地域に愛される美味しいパンとスイーツを届けている。

稲美町パン屋さん パン デ ノブ (PAIN DE NOBU)に行ってきた!

山小屋風の一軒家ベーカリーPAIN DE NOBU (パン デ ノブ)さんは、兵庫県加古郡稲美町、主要な幹線道路から少し路地に入ったところにあります。

稲美町の向交差点をさらに東に、先日紹介した「いなみ野いちご畑」さんをすぎて最初の交差点を北へ500mほどの場所。

お店が建物の奥にかくれていて、店舗前を通りすぎないよう注意してください。

道路沿いに看板があります。ちょっと小さいのでこれも注意してみてください。

まさに山小屋風の一軒家ベーカリーなお店「PAIN DE NOBU (パン デ ノブ)」さん。

店舗裏に山並みが浮かぶよう。

かわいらしい手書きの看板。

今回おとずれたのは昼もすぎた13時ごろ。

びっくり!棚にパンがほとんどない!この売れ行きにまずびっくり!

大柄な店主が対応してくださりました。パン棚のほか、ショーケースがありそこにはプリンのケースがならんでいて「注文を受けてから表面を焼きます」との張り紙がありました。

今回、えらんだパンはこちらの3品。

めんたいフランス 170円税込み。塩味のきいたフランスパンと明太子クリームが絶妙。

メロンパン 130円税込み。表面のカリカリクッキー生地と中のふわっふわのパン生地がぐっと!

表面はカリカリ!パン包丁で半分に切ったらパラパラに崩れてしまった。そのままかぶりつくことをおすすめします!

口いっぱいに優しいクッキー生地の甘みと小麦の旨味がひろがる。

山食パン 1斤 280円税込み

ホテル食パンよりやわらかく焼き上げている

こちらも程よい塩加減。バターにジャムにマッチします。サンドウィッチにもいいなぁ。次回試してみたいです。

満足満足のパン屋さんでした。おすすめです。ぜひいってみてください!

稲美町パン屋さん パン デ ノブ (PAIN DE NOBU)場所

稲美町パン屋さん パン デ ノブ (PAIN DE NOBU)営業情報

  • 住所:〒675-1122 兵庫県加古郡稲美町中村 地図
  • 営業時間:8:00~18:00
  • 定休日 :火曜日(夏季は火曜日・水曜日)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で