石川県七尾市あったか囲炉裏カフェ【田舎のカフェいろり庵】北川猛さんと千賀子さんが【人生の楽園】に登場!おまかせランチ、おまかせディナー 、ブリしゃぶ、場所は?


石川県七尾市【あったか囲炉裏カフェ・田舎のカフェいろり庵】北川猛さんと千賀子さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

石川県七尾市であったか囲炉裏カフェ「田舎のカフェいろり庵を営む北川猛さんと千賀子さん夫妻が、2019年2月9日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2019年2月9日如月の弐
石川・七尾市
~ あったか囲炉裏カフェ ~

2017年、自宅の座敷を使って『田舎のカフェいろり庵』を始めた北川猛さん(70歳)と妻・千賀子さん(65歳)が主人公です。
七尾市で生まれ育った猛さんは高校卒業後、神奈川県の農業機械メーカーに就職。金沢市への転勤を機に故郷で仕事をしたいと22歳で退職。七尾市で建材業を始めます。26歳の時、千賀子さんと結婚。同年に建築会社を設立し、千賀子さんも一緒に働きながら3人の子どもを育てました。
猛さん52歳の時、景気が悪くなり、やむなく会社を畳みました。夫婦2人で細々と仕事を続けましたが、62歳で建築業に区切りをつけます。その後、千賀子さんは介護の仕事に就き、猛さんは自宅で何か商売が出来ないかと考えました。当時、古民家を使った民泊やカフェなどが流行っていた時期で、猛さんも自宅の座敷を活かして飲食店を始めたいと考えました。しかし、料理経験がほとんど無い猛さんは「建築も料理も同じ物づくり、出来ないわけがない」その一心で、インターネット等を見ながら料理を一から学び、次第にレパートリーを増やしていきました。そして、2017年10月『田舎のカフェいろり庵』をオープンしました。
客席は能登地方の昔ながらの建築様式を取り入れた座敷2間。まず目に付くのが、大きな自在鉤が吊るされた自慢の囲炉裏。「囲炉裏があると雰囲気が良くて、落ち着く」とお客様にも人気です。
ランチとディナーは完全予約制。『おまかせランチ』は、寒ブリのアラを使ったブリ大根やカキの炊き込みご飯など能登の食材を活かした献立。夜の『おまかせディナー』は、自家製野菜をたっぷり入れた出汁で食べるブリしゃぶが冬の定番。
長年続けてきた建築業から一転、自宅の座敷を使ってカフェを始めた猛さんと、それを支える妻・千賀子さんとの暮らしぶり。そして、2人を応援してくれる地域の仲間たちとの交流を紹介します。

人生の楽園

「田舎のカフェいろり庵」はどんな店

【田舎へ行こう!!】 田舎のぬくもり、人のぬくもりが伝わる素朴な田舎のカフェです。

「田舎のカフェいろり庵」の場所

「田舎のカフェいろり庵」店舗情報