【人生の楽園】に場所は千葉県八千代市【伝統的な技法 つまみ細工の工房 兼 教室「ちまこ屋」】大根田友美さんが登場!


千葉県八千代市【伝統的な技法 つまみ細工の工房 教室「ちまこ屋」】大根田友美さんが【人生の楽園】に登場!場所は?

千葉県八千代市「伝統的な技法 つまみ細工の工房兼教室「ちまこ屋」を営む大根田友美さんが、2020年9月12日土曜6時からのテレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうです。

2020年9月12日(長月の弐)テレビ朝日「人生の楽園」の放送内容は、千葉・八千代市「~ 母ちゃんの夢咲く つまみ細工 ~」で大根田友美さん(47歳)が紹介されます。

千葉県八千代市の静かな住宅街。古い家屋の一室で夢を追いかけているお母さん大根田友美さん。

色とりどりの布を正方形に切りピンセットで一枚一枚折りたたみ台紙に貼り付け作品にしあげる「つまみ細工」で、梅や菊などの花びらを表現、花を咲かせる。駆使した伝統的な技法「つまみ細工」で、かんざしやブローチなどの作品をつくる、つまみ細工の工房兼教室「ちまこ屋」をオープン。

趣味はダイビング。ハマるとめり込んでしまうタイプの大根田さん。大根田友美さんは、東京の下町で生まれ育った。夫の幸治さんと結婚、子どもが生まれ、3人の子育てが生活のすべてになった。しかしたまたまテレビで見た成人式のニュースが転機となる。そこには女性が可愛く振袖を着てかんざしを挿している姿があった。そしてそれをみた友美さんは「娘の成人式の髪飾りを自分で作れないかな」と考えすぐにネットで検索し見つけたのが「つまみ細工」だった。

それからすぐに行動。つまみ細工の通信講座を受ける。また、伝統工芸士のもとでかんざし作りを学び、メキメキと腕を上げた。そして気が付くと周囲から作り方を教えてほしいや、卒業式や成人式の髪飾りを作りたいので、と依頼されるようになる。そこから、みんなのハレの日のお手伝いがしたい、つまみ細工の楽しさを広めたいと思うようになった。そして2020年4月、つまみ細工のレッスンをする教室と自身の工房を兼ねた『ちまこ屋』をオープン。

工房では、伝統的なつまみかんざし、カラフルなデザインのブローチ、バレッタ、金属チェーンがついたバッグチャーム、現代風にアレンジしたオリジナル作品がずらりとならぶ。教室では、作業を簡単に、柔軟な発想でユニークな作品の提案で、伝統工芸への一般の敷居を低くした。そして広くつまみ細工を知ってもらうことに力を入れて取り組んでいる。

映像では、つまみ細工の魅力にのめり込み、広く楽しさを知ってもらことに取り組む友美さんと家族、仲間との交流が紹介される。

伝統的な技法 つまみ細工の工房兼教室「ちまこ屋」はどんな店

ちまこ屋。大根田友美さんが営むつまみ細工の教室。 針と糸は使わない。 ピンセットと専用の糊で咲かせる。つまみ細工を簡単にアレンジした、手軽な作品づくりから体験できます。

  • 定休日:火曜・日曜、第4土曜
  • 電話:090-7196-5524(お問合せ受付時間:午前11時~午後4時)
    ※完全予約制(女性限定)
    ※レッスンによる制作のみで、つまみ細工の販売は行っていない。
  • 伝統的な技法 つまみ細工の工房兼教室「ちまこ屋」公式ブログ:https://ameblo.jp/chimako035/
  • 伝統的な技法 つまみ細工の工房兼教室「ちまこ屋」公式インスタグラム:https://www.instagram.com/chimako.ya/
  • 伝統的な技法 つまみ細工の工房兼教室「ちまこ屋」公式サイト:https://chimakoya.jimdofree.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/
  • 伝統的な技法 つまみ細工の工房兼教室「ちまこ屋」公式フェイスブック:https://www.facebook.com/chimakoya/

佐田つまみ画美術館(本部教室)

つまみ細工の技法で立体的な絵を描く「つまみ画」の貴重な作品の数々や、つまみ細工の歴史を伝える古作を一般公開している。つまみ細工の基礎から絵画作品の制作まで学べる教室がある。

  • 住所:〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目18−16
  • 開館日:第1・2・3火曜・水曜・土曜
  • 開館時間:正午~午後4時
  • 入館料:大人:500円・小・中学生:300円
    ※受講希望は要問い合せ
  • 電話番号:042-221-4555

テレビ朝日「人生の楽園」 番組データ

テレビ朝日「人生の楽園」 毎週土曜 よる6時00分放送 <楽園の案内人>西田敏行、菊池桃子

  • テレビ朝日「人生の楽園」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で