【食彩の王国・アタラシイヒモノ】に【場所は神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴。創業144年ひもの専門店「魚伝(うおでん)」5代目店主・アタラシイヒモノ生産者・青木良磨さん・ひもの料理レシピ】が登場紹介!


2021年9月25日(土)9時30分~9時55分 放送の「食彩の王国・第898回 ひもの」の回に、神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴にある創業144年ひもの専門店「魚伝(うおでん)」5代目店主・アタラシイヒモノ生産者・青木良磨さんが登場するみたいですよ!

「アタラシイヒモノ」を作る神奈川県・真鶴町で明治10年に創業、ひもの専門店「魚伝」の5代目店主・青木良磨さん。映像では、家庭で簡単にできる「アタラシイヒモノ」を使った料理レシピや、フランスの三つ星レストランでも腕を振るっていた新進気鋭のフレンチシェフ田村浩二シェフと家業である老舗ひもの店を継いだのは25歳の「アタラシイヒモノ」の生産者である青木さんの「アタラシイヒモノ」誕生秘話、伝統の職人技を紹介!

創業144年ひもの専門店 魚伝

住所:神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴671
TEL:0465-68-0467

テレビ朝日「食彩の王国」番組データ

最近の食は「スローフード」という言葉に感じる、体に「優しい・安全」という「自然食」がブームで、「産直」ばかりにスポットがあり、職人手作りの「特選の味」が求められている。「食彩の王国」では、「食」に関する今の社会に生きる人の志向や、はやりムーブメントを、食べるもの「食材」という視点からスポットをあてている。「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」といった、日本人に馴染みの深い食材をとおして感じるのは「時間」。ひとつの食材に秘められた人類と食に関わる文化の歴史。あるいは、ひとつの食材が生み出されるための手間とヒマ。そして、食べる側が、ひとつの食材を手に入れる(つまりは出会う)ための喜びの総体。「食彩の王国」では、そうした「食材」の中に流れる時間を語り映像化にして、食材に流れる時間をひもとくのがテーマとなった番組。

テレビ朝日「食彩の王国」毎週土 9時30分~9時55分 放送

2021年9月25日(土)9時30分~9時55分 放送のテレビ朝日「食彩の王国・第898回 ひもの」内容は、「小さな港町の洋風ひもの物語〜美味!ラーメン職人の技」が登場します。今、ひものが大ブームです。銀座の老舗名店から港町のひもの職人の最新の技までを紹介。小さな港町に移住したデビット伊東が町のために、渾身のひものラーメンを披露します。

  • 語り:薬師丸ひろ子
  • 音楽:綺羅
  • テレビ朝日「食彩の王国」公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で